このサイトでは基本の風俗利用方法を体験談からご紹介しております。

  • キャラを守るために風俗嬢とエッチをした

    今までは優しい男性を演じてきた。女性の気持ちを汲んでエッチがしたくないときは我慢するようにしていたけど、次第に性欲とストレスが溜まってしまった。恋人は自分のことをすごく優しい男性と思っているため強く攻めることができないが、何とかしてエッチがしたい。

    頭の中は女性のことばかり考えるようになっていき、段々に理性が弾けそうになった。このままでは自分が作り上げてきたキャラが崩壊しそうなので、そうなる前にデリヘルを頼んで岡山の実家に好みの風俗嬢を招いた。恋人なら性癖を出すことができないけど、風俗嬢が相手なら自分の性欲を発散してもいいよね。それが、彼女たちの仕事だから。家に来た女性をすぐに押し倒して何度もキスをした。そして、服の上から何度も胸の感触を確かめ、乳首の位置を確認してからゆっくり擦っていった。少しずつ立ってきた乳首を確認すると激しく興奮してしまい、勃起したモノを彼女に近づけて刺激してもらった。

    胸に向けて発射すると、彼女の肌に何度も液を塗った。彼女の肌に消えていく自分の分身がとてもエロく感じたので、また彼女と次の機会に楽しみたい。
    https://ranking-deli.jp/31/

  • 臭いフェチの性癖を風俗嬢で満喫する

    たくさんの女性に好かれたいと思うのはなぜだろうか。特定の女性と親しくなれば幸せを感じると思うのだが、男性というのはなかなか欲深いものだ。

    好みの女性とエッチするまであらゆる努力をするが、エッチをした後は他の女性に目が行ったりする。一人の女性で満足できないのかとお叱りを受けそうだが、まぁ満足できるわけがないよな。たくさんの女性とエッチをしていろんな経験をしたいのが正直な気持ち。特定の人と付き合うと束縛されてしまい他の女性と遊ぶことが難しくなるため、自分は恋人を作らない。その代わり、エッチをしたくなったらいつでも気楽に遊べる風俗嬢と楽しむ。デリヘルなら電話をして時間を指定すれば、都合がいい時に楽しむことができるので、単純にすごく便利だよね。自分は女性のお尻の臭いが好きなので、彼女が来たらすぐにお尻の臭いを嗅ぐ。

    そして、フル勃起するくらい興奮したら彼女に任せて射精するのだ。まぁ、臭いだけでほぼ絶頂に近い状態になるので、射精させるのは簡単かもしれないな。次は違う女性の臭いを堪能したい。

  • 風俗嬢のきれいな胸に興奮した

    女性関係でちょっと嫌なことがあったので、しばらくはややこしい付き合いをしたくない。単純にエッチさえできればいいので、デリヘルに電話をかけて好みの女性のタイプを伝えてみた。

    自分の好みはちょっとややこしいので、本当に好みのタイプの女性が来るとは思えない。でも、ある程度満足できる女性と楽しめるならそれはそれで嬉しい。家に来てくれた風俗嬢はすごくきれいな美女で、エッチをするのが申し訳ないくらいだ。何と言うか彼女のようなタイプは自分のそばに置いておきたい。でも、制限時間が過ぎれば自分の手から離れていくのだから、気持ちを切り替えて彼女を満喫することにした。乳首の色がとてもきれいで乳輪の大きさも絶妙。胸のバランスがとてもいいので、きっと誰が見てもすごく誉めるだろうな。

    自分は胸フェチというわけではないけれど、彼女の胸だけはすごく気に入った。そのため、何度も彼女の胸ばかり刺激してしまい、最後は彼女の胸にかけてしまった。何と言うか、彼女のことが気になってしまったな。